トイレの水漏れ 修理では早急に対応する必要がある配管部分

トイレの故障の中でも特に大事になりかねない箇所が配管部分です。ホームセンターで売っているような部品の交換だけで済む故障であれば特に業者を呼ぶ必要はありませんが、配管からの水漏れ 修理となると自力では難しいこともあります。例えば、床が濡れている時はとても慌てるものですが、単に結露などが発生していただけという場合もあります。そのため症状をちゃんと見極めることが重要なのです。

■トイレの後ろの配管部分からの水漏れ

タンクと壁を繋いでいる部分から水を流すたびに漏れてくる場合、主に接続されている箇所に問題が発生しており、パッキンやナットが原因のことが多いです。まず漏れている箇所が特定できればその部分のネジ類が緩んでいないか確認します。次はパッキンを調べます。パッキンは消耗品ですので経年劣化が確認できれば新しいものと交換します。


■まずは自分で修理を試みる

修理方法としては、まずトイレの止水栓を止めます。マイナスドライバーで時計回りに回すことで水を止めることができます。その後タンク内の水をすべて流してしまい空にしてしまいます。これらの作業を怠ると配管を外したときに水が勢いよく吹き出したり水が大量に流れてくる可能性があります。主に漏れの確認箇所は、壁に繋がっている止水栓と配管の間、ウォシュレットへ繋がる部分の分岐水栓と配管の間、配管とタンクの間の3箇所あります。これらのどこかから漏れが発生していることが多いのでそれぞれネジ類をしっかり締め、パッキンが劣化している場合はパッキンを換えれば直ることがあります。

■まとめ
配管部分からの水漏れはときに業者を呼ばなくてはならないぐらいの大掛かりな工事が必要になる場合があります。そのため日頃から点検やチェックをしておきましょう。ほんの少しの漏れでも確認できれば、被害が拡大し床や壁などが腐ったりするような二時被害につながる前に食い止めることができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ