トイレの便器からの水漏れ修理

排水管は床下を通っているため、排水管 水漏れの状況を確認する時には便器を取り外すときもあります。そのため業者を呼ぶのが得策なのですが、固定してある部品を外し二人がかりで持ち上げる事ができれば、自分で修復できる場合もあります。しかし大抵の場合は大掛かりな作業を伴うため業者へ依頼する方法が一般的です。

■床と便器の間の水漏れを直す方法

便器と床の間にはフランジパテと呼ばれる、プラスチック製の粘土のようなパテ材でできた部品が使われており、これを咬ませて便器を床と接続しています。床との間からの漏れはこのフランジパテが劣化して硬くなり、ひび割れすることによるものが原因でこれだけを変えれば直ることもあります。




■修理の手順

床との間からの水漏れは作業時間はおよそ30分程度でフランジパテとナットを緩める工具があればできます。その手順としては、まず最初に止水栓を止めます。次にレバーを下げタンク内の水をすべて抜き切ります。水を少しも残さないよう、灯油を汲み上げる際のポンプなどを使って完全に抜き、タンクと繋がっている給水管を外します。
そして便器を固定している部品を外して便器を持ち上げ、フランジパテを交換します。その後便器を戻して元通り固定し、給水管などを付け直せば交換終了です。

■まとめ
トイレの日常点検も兼ねて、常日頃からトイレに起こる不具合の現象やその修復方法を知っておく事は非常に重要で、また自分で直せそうもない時のためにお得意の業者などを確認しておくと落ち着いて対処できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ