トイレ故障でも要注意な排水管 水漏れ

トイレ故障で特に気づきにくく、またもっとも大掛かりになりがちなのが排水管 水漏れです。排水管での故障は接続部分の緩みの他、汚れの蓄積や物体のつまり、経年劣化で老朽化してひび割れや腐食が起こったことによって発生します。単にトイレットペーパーや汚れなどがつまっているだけであれば、トイレ用の吸引する道具で吸い出せば直ることもありますが、破損していたり腐食が原因であるときは排水管自体を交換しなければならない場合もあります。

■排水管の故障でもまずはセルフチェックして応急処置

排水管のつまりは自分で直してみることおすすめします。まずトイレットペーパーや何かの物体がつまってしまった時はそれらを吸引して取り出すことを検討してみます。その作業を行うために用意するものは耐水性のゴム手袋と吸引するためのラバーカップです。便器の中の排水される箇所である底辺部分にラバーカップを押し付けて上下に動かしてみます。何回かやってみてうまくいくとつまったものがでてきます。またその際に50度程度のお湯を最初に流し込んでおくと、汚れがゆるくなったり、溶けやすくなったりします。お湯があまり熱すぎると他の部分を傷めてしまいますので注意が必要です。

■排水パイプから水漏れが確認できた場合

給水パイプの途中やタンクの下、便器に繋がっているパイプのそれぞれのナットのゆるみ具合を調べます。これらを締め直すことで解消される場合があります。またもう一つ部品類ではパッキンの劣化も考えられますので、パッキンの交換でなおることもあります。次に壁や床などから漏れが確認された場合は排水パイプの故障なのか、給水パイプの故障なのかを見極める必要があります。この確認方法としては、家の水を使用していない状態で水道メーターが回っていた場合は給水パイプからの漏れということになります。メーターが回っていないのに漏れている場合は排水パイプからの漏れを疑った方がよいでしょう。

■まとめ
排水管の故障は自分で直すのが難しいことが多いため業者を呼ぶ必要が出てくる可能性が高いです。家の中の床下や壁などを伝っていますので、もし取り替えとなると高額費用が発生してしまうこともあります。しかしながら放っておきますと床や壁が腐ってきて更に被害が拡大することもありますので早急な対応が必要になってきます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ