水漏れはトイレのつまりが原因の可能性も

排水管 水漏れにはつまりが原因で起こる場合もあります。症状としては排水口からボコボコと異音がする、敷地内の排水枡が溢れているなど、専門業者で無ければ対応できないことがほとんどです。排水管での水漏れやトイレつまりは大事に繋がりかねませんので、迅速に専門業者に連絡するように準備を整えておいたほうがよいでしょう。

■異音がするときは要注意

トイレがつまる要因としては大きく2つに分けられます。排水管の水の流れる容量のキャパシティを超える異物や物体を流してしまったときと、年月をかけて徐々につまっていく場合です。どちらのケースも便器からポコポコと音が鳴ることがあります。これは便器内に何かがつまっている可能性があり、それが水の流れを阻害している場合があります。次に便器の更に下の方からポタポタとしずくが落ちるような音がすることがあります。音がすぐに消えるのであれば異常ではありませんが、音が続くときは排水管にトラブルが発生しているかもしれませんので要注意です。

■どんな症状が現れるのか

トイレがつまりだすと、水の流れが弱くなってくるということが起こります。気づかない程度に水流が弱くなりますがトイレとしての機能は正常に果たしているためこちらもよく放って置かれがちです。しかしその後、自然によくなることはなく高い確率で徐々に症状が悪化していきます。次に水を流したあとに若干水位が高くなり下がりづらくなります。更に水を流したあとの抜けも悪くなり、最後まで流れきらず水の中に流したものが残ったりします。

■まとめ
日頃からトイレを流す際に水流などをチェックしておき、排水管に市販の薬剤を定期的に投入して常に汚れなどを落としておく必要があります。また流すものや容量にも注意し、水に溶けないティッシュを流したり、必要以上に多くのものを流さないように注意することが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ