トイレ 水漏れで困らないために

トイレ 水漏れで困らないために 日々の生活の中で不具合が起こってしまうととても困ってしまうものの一つに水漏れがあります。家の中にはお風呂やキッチンなど水を使用する水回りポイントは複数箇所ありますが、中でもトイレの不具合は緊急を要する場合がほとんどです。便器と床の間から水が漏れたりすると、使えなくなるばかりでなく、マンションやアパートにお住まいの場合、下の階にまで水が漏れてしまう恐れもあります。そうなると自分たちだけの被害では済まなくなり、賠償金などが発生してしまう事もあるのです。流す時に使用する水の量は以外に多く、一回流すだけでも相当量の水を使用することになります。それだけに故障などのトラブルは被害が拡大しないうちに早急に対処することが重要なのです。

■トイレのトラブルの原因

トイレ 水漏れの原因として最も多いのが、古くなることによって起こるトラブルがほとんどです。経年劣化により、便器のひび割れをはじめタンク内外の亀裂、便器と床の間の管の劣化などで、中でも多いのが連結部分に使われているナットなどのネジ類やパッキンと言った消耗品が寿命を迎えることによるものです。これらはトラブルが起きる箇所として比較的多く、また直さず放って置かれがちなのです。またタンクも比較的トラブルが多い箇所の一つです。流してもいないのに水がチョロチョロ管から流れる現象ですが、こちらも別に直さなくても被害が少なく普通に使えますので、どうしてもそのままにされがちです。しかしタンクは大量の水を溜めておくところでもあり、タンクの中の部品が傷んでいたりズレていたりしますと、すぐに大きな故障の原因となることもあります。

■簡単な対処であれば自分でできる
水漏れが起きた際にはまずは慌てず簡単な対処であれば自分でできます。水道業者を呼んでいるまでの間や応急処置として自分でできるものは対処してしまいましょう。まずはトラブルが確認できれば、最初に止水栓を止めます。まれに止水栓を止めても水が止まらないこともありますが、これをやるだけでも被害が大きくなるのを防げます。最近では便座にヒーターが付いていたり、高さ調節機能などの電動制御のものも数多くありますので、漏電しないためにもコンセントは抜いておきます。止水栓はタンク付きの場合、壁とタンクの接続部分の配管にあります。タンクが無い場合は背面部分に収納されている場合がほとんどです。こちらはパネルで覆っているためそのパネルを外すと中にあります。まずはこれらの止水栓を止めることからはじめます。

■水漏れの状態を確認してみましょう

トイレのトラブルが確認できたら、止水栓を止めて自分でどんな水漏れ具合なのか確認してみます。まず床と便器の間から水漏れが起こっている場合は自分で修理することは不可能ですので、こちらは早急に修理業者を呼ぶ必要があります。トイレの中のほうのトラブルである場合はおおかたタンクに問題があることが多いです。また目立った水漏れがないにも関わらず、タンク自体に水気を帯びて濡れていることがあります。この場合はトラブルではなく単に結露によるものであることがほとんどです。この場合はトイレの窓に換気扇などを付けてあげると解消される場合があります。

■まとめ
普段から使用しているトイレですが急に使えなくなるととても困ってしまいます。またトイレの故障は被害が大きくなると、水が床や壁などに漏れたりして腐ってしまい、二次被害につながることもよくあります。そのような場合はトイレの修理だけでは済まなくなり修理費用が高額になってしまいます。普段からトイレトラブルが起きても慌てないように簡単な点検やチェックをし、応急処置ができるようにしておいた方がよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース